2012年04月02日

AKB48「業務連絡。頼むぞ、片山部長!inさいたまスーパーアリーナ」(2日目本編)の感想

「業務連絡。頼むぞ、片山部長!inさいたまスーパーアリーナ」2日目本編の感想です。サプライズ部分については記事を分けることにしました。

セットリストはスクランブルエッグ内の2日目セットリストを参照してください。

★「上からマリコ」


これは本当に楽しかった。とてもいい演出だと思いました。1日目はバンドセットが降りてきて、2日目はどんな演出なんだろうと思ったら麻里子さんが降りてくるとは……。

「君のことが好きだから」には秋元才加さん、鈴木紫帆里さんがいたのを見つけました。次の「ファースト・ラビット」との兼ね合いでしょうけど、もう一人アンダーがいると思われます。

★自分にとっての高まりポイント(1) HKT48


2日目のHKT48は「手をつなぎながら」を上手(かみて)側(客席からステージに向かって右側)のステージで外側に向かって歌いました。上手1階席(200レベル)で見させていただいていたので、肉眼でも彼女たちの歌い踊る姿がよく見えました。

彼女たちのあまりの元気の良さ、一生懸命さにちょっと心を打たれて泣きそうになりました。「早く博多でまた見たい」と心から思いました。

★高まりポイント(2) 「鏡の中のジャンル・ダルク」の北原里英


これは大収穫でした。この曲は調べると横浜アリーナでチームホルモンとして歌っていたようですが、私自身そのときの記憶や印象はあまりありませんでした。

でもこの日の北原さんは全然違っていました。一緒にやったメンバーも良かったのかもしれませんが、曲のイメージと北原さんのイメージとが本当にぴったり合ってて、とても感動しました。

その日の深夜のTwitterで「北原史上、最高」とまでつぶやくほど、個人的にはフィットした印象を受けました。彼女の魅力はきっとこの曲の中にたくさん隠されているものだと勝手に思います。

外見のたくましさ、実直な性格の内側に秘めた力強さ、荒々しさとほんの少しのネガティブな気持ちがいろいろと混ざって「北原里英」が作られている、それがあの曲と衣装と歌い方に非常にマッチしていました。

次の彼女のユニット曲を作るための資料がひとつ増えたことが正直にうれしかったです。面と向かってほめてあげたい(笑)。

★高まりポイント(3) 「パジャマドライブ」の島崎遥香


「ぱるる」に関しては一家言ある方が大変多いはずなので、今はとりあえず私はあまり申しませんが、今の推されようというか、扱われ方自体は彼女にとってマイナスではないことだけは言えるのではないかと思います。

で、1日目に続き、ユニット曲に抜擢され、「パジャマドライブ」のセンターを務めたわけですが、この日のぱるるはとても良かったと思います。

ファンも識者も説いていますが、彼女はセンターにいてこそ光る素材。ですから必然的にセンターポジションにいることが多いのですが、その中でもどこに注目して私は見ているのかというと、やはり「本人のテンションの持続力」でしょうか。

彼女はまだ「やる気がないようにも見える」ときがあるため、まだセンターに推すことは私個人としてはできないのですが(笑)、それがどういうところに起因してやる気がないように見えたり、途中でバテてしまうように見えてしまうのかは本質的なところで私はわかっていません。

そこが「ぽんこつちゃん」と言われるひとつの理由なんじゃないかと思いますが、それはさておき、この日の「パジャマドライブ」はとても気持ちよく、集中して、アイドルらしさが十分に出せていたように私には見えました。

それは髪型をアップにしていたせいですっきりとかわいく見えたせいなのか、はたまた一緒に踊っているりっちゃん、朱里ちゃんが良かったのか、はたまた。曲の中盤からパジャマが肩から少しはだけてきて、それを少し気にしてたことで集中力が持続したのか、それ以外の理由なのか正直わからないのですが、とりあえず、ぱるるはどんなことをしたって注目される存在であることだけは間違いないですね。

★ユニット曲


あんまり良い感想を残せるわけでもないですが、ひとことずつ。

「雨の動物園」……衣装の色が気になってしまった。そんなこと気にせずに楽しみたかった。
「制服レジスタンス」……それぞれの持ち味を出し切れてない印象。
「キャンディー」……横山の一人勝ち。
「シンクロときめき」……圧倒的なアイドルオーラ。
「炎上路線」……さわやかな炎上。マイナスオーラがないのが逆に物足りなかった。初めてさっしーのマイナスオーラをここで評価したかも(笑)。
「それでも好きだよ」……マイナスオーラが出てる(いい意味で)。
「てもでもの涙」……ここでもこじはる最強だった。
「Dear J」……ダンスは良かったけど、曲と声があまり合ってないような気がしました。

★全体的な印象


1日目よりは流れが良いセットリストだと感じました。

もうひとつ特記しておきたいことがあります。ふだんSKE、NMB、HKTのことばかり気にしがちなのですが、この日、チームA、チームK、チームBのチーム曲を2曲ずつ続けて歌われましたが、なんと(!)手抜き、というか力を抜いているメンバーが一人もいなかったことにちょっと感動しました。

「いつもAKBはちゃんとやってるけど、見てないだけでしょ?」と突っ込まれても反論できる立場でもないですが、AKBのコンサートをずっと見てきて緊張感と集中力を維持しつつ、自分たち自身が楽しもうとしているのが伝わってきたコンサートを見たのは久々でした。

SKE、NMB、HKTにあってAKBになくなってしまったものが戻ってきた、そんな印象を持ちました。チーム4や研究生にはまだ物足りない部分はあるにせよ、今のA、K、Bはいい具合にまとまっているようです。全国ツアーも始まることですし、とてもいい方向に向かっているように思いました。それを前田敦子さんも感じたんじゃないかと思います。

さて、最後にチーム4への昇格、珠理奈、みるきーの期間限定のAKB加入のサプライズがあるのですが、ちょっとこれはエントリーを分けたほうがいいような気がしますので、いったん感想をここで閉めます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 06:15│コメント(0)AKB48 

トラックバックURL

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索