2012年01月02日

SKE48「2012年元旦公演」セットリストと短い感想

2012年はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48が元旦公演を行いました。本エントリーではSKE48の元旦公演について短くまとめます。セットリストは公演中に私がメモしたものをもとにTwitterのフォロワーの方に一部補完していただきました。

★セットリスト(松井玲奈休演)


M00 琴の披露(平田璃香子『春の海』)
M01 「強き者よ」(5期研究生+今出、鬼頭、斉藤)
M02 「青空片想い」(斉藤、井口、内山、松村、小林絵、今出、水埜、犬塚、菅、藤本、市野、二村、宮前、新土居、古畑、大脇)
M03 「ごめんね、SUMMER」(E+鬼頭)
M04 「1!2!3!4! ヨロシク!」(〃)
M05 「バンザイVenus」(KII)
M06 「パレオはエメラルド」(〃)
M07 「オキドキ」(S+鬼頭、小林絵)
--- MC(クロスメンバー除く全員) ---
M08 「クロス」(高柳、若林、松本)
M09 「思い出以上」(松井珠、平松、木下)
--- MC(松井珠、平松、木下) ---
M10 「微笑みのポジティブシンキング」(加藤る、高田、出口、佐藤聖、古川、向田、矢方、上野、梅本、山下、鬼頭)
M11 「バズーカ砲発射」(中西、平田、松井珠、阿比留、石田、佐藤実、松本、若林、磯原、小林亜、柴田、斉藤)
--- MC(斉藤、石田、阿比留、佐藤実、柴田、小林亜) ---
M12 「恋を語る詩人になれなくて」(S+鬼頭+小林絵)
M13 「お待たせSet list」(KIIから矢方out井口in)
M14 「ワッショイE」(E+鬼頭)
--- MC(出口、小野、高田、加藤る、中西、平田) ---
M15 「片想いFinally」(大矢、木崎、桑原、須田、平松、松井珠、矢神、小木曽、高柳、松本、秦、古川、向田、金子、木本)
--- ENCORE ---
EC1 「大声ダイヤモンド」(S+井口、斉藤)
EC2 「愛の数」(S+KII+E)
全員出てきてあいさつ。ハイタッチ、サプライズはなし。

●松井珠理奈の本気


松井玲奈さんが体調不良のため休演ということもあったのか、珠理奈さんのやる気に満ちあふれたパフォーマンスにしびれました。もちろん彼女はいつも公演では元気いっぱいですが、気持ちが入っているときのパフォーマンスは本当にすごいです。

支配人のブログによると公演前に5期生にいろいろとアドバイスをしたそうですが、ライブパフォーマンスとして見本を示すという意味で、本当に良いお手本を見せてくれたと思います。一方で桑原さんが今ひとつ切れが足りなかったかもしれません。でもカツオさんはこのぐらいがいいかもな、と思ったりもして(笑)。

●向田茉夏、渾身のダンスと笑顔


ファンに体力の不安を心配されたりもしたことがありましたが、この日のKIIの「パレオはエメラルド」の茉夏ちゃんは本当にすごかった。本気で取り組めばこういう切れのあるダンスもできることを証明してくれました。そして今までも十分かわいかったのですが、作り笑顔でなく、自信に満ちた笑顔は見てて癒されるし、アイドルとして成長してきていることを実感しました。

●チームEの確かな成長


チームEを劇場で最後に見たのは確か4月頃で、花音ちゃんが休演のときでした。そのときには正直物足りなさも感じましたし、オンデマンド見ている限りでは、いつオリジナル公演がもらえるような状況になっていくんだろうかと心配でした。

彼女たちはステージを重ねていくうえでいろんな試行錯誤が行われてきているはずなのですが、それがどのぐらいうまくいっているのか……正直オンデマンドではわからないことがいっぱいあったのですが、元旦公演のチームEははっきりと成長した跡のようなものを見ることができました。

中村くん卒業ということもあって、チームの絆がより深まったということなのでしょうか。とにかくこの調子でチームEには頑張っていただきたいです。ファンの方たちも声援を送るだけでなく、時には本人のためになるような厳しい指摘もしていただけたらと思います(してるでしょうけど)。

●真木子、桃菜、いぐっちの活躍


斉藤真木子さんは5期研究生が初めて登場した研究生公演でセンターを務めました。オンデマンドの公演でも彼女の動きの切れの良さは抜群だったのですが、生ではもっとすごいです。

「SKE48イズム」というものがあるのなら、彼女が今、劇場公演でそれを一番発揮しているのではないかと思うほどです。とにかく一生懸命、それが人の心を打つんです。「かわいく」「かっこよく」「体裁が整った」よりも「ひたむき」なことがどれほど重要かというのを彼女は身体をもって示してくれているのです。

同じ研究生公演で「人に流されやすい」と言っていた鬼頭桃菜さんですが、この日はその「流されやすい」状況が見事に良い方向にマッチしていました。研究生、S、Eのアンダーを桃菜さんは忙しくこなしていたのですが、特にチームEの中に入ったときの親和性が良かったように感じました。

井口栞里さんは、体調不良になって出られなくなった「お待たせSet list」の矢方さんの代役として見事にチームKIIに溶け込んですばらしい動きをしていましたし、アンコールでチームSに入っての「大声ダイヤモンド」の動きもとても良かったです。

KIIは「ラムネの飲み方」初日以来ですが、みなさん生き生きとして、こちらのほうもとても満足いくものでした。

開演がだいぶ遅くなってしまい、本来やる曲がひょっとしたら減ったのかもしれません。ともあれ、終演後、急いで栄を移動し、NMB48の元旦公演に向かい、ぎりぎり間に合ったのでした。NMB48元旦公演記事に話をつないでいきたいところですがいったんここまで。

片想いFinally(DVD付A)
片想いFinally(DVD付A)

片想いFinally(DVD付B)
片想いFinally(DVD付B)

片想いFinally(DVD付C)
片想いFinally(DVD付C)
 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 15:45│コメント(0)SKE48 

トラックバックURL

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索