2010年07月19日

AKB48「サプライズはありません」2日目昼公演感想(2010.7.11)

2日目昼公演は「シャッフルデー」となりました。

ずっと昔からAKB48を見てる人にとっては相当に面白い内容であることには違いないです。

これから書くことはあくまで個人的な感想です。そして、今回はかなり辛辣な言い回しになってしまうことを覚悟ください。「上から目線」「何様のつもりだ」と思われるかもしれません。人を不快にさせるつもりで書いているわけではないので、不快になったらただちに読むのを中止してください。

面白いということは、「いろんな見方ができる」という意味が込められています。
これから示すことは私がどう思ったかという感想で、ほかの方とはまったく違った感想を持たれる可能性が高いです。

それはそれで結構楽しめるんじゃないかと思います。会場に行かれなかった方はDVDが発売されて内容を見たときにでも読み返すと楽しめるかもしれません。では始めましょう。

セットリスト等は編集部調べです。ファンの方とまったく同じ状況・立場でコンサートを見ているので、記述等に間違いがある場合にはご指摘ください。

★順調なすべり出し


M01「野菜シスターズ」(25人) - 野菜の着ぐるみで登場。
M02「となりのバナナ」(48人)
M03「Baby! Baby! Baby!」(たぶん48人)
-- MC --
M04「ごめんね、SUMMER」(SKE48選抜7人)
M05「羽豆岬」(SKE48 アンダーガールズB - 大矢真那、中西優香、平田璃香子、平松可奈子、内山命、小木曽汐莉、古川愛李、松本梨奈)
-- MC ---
MC順の流れ(平松→古川→平田→大矢→中西→平田→大矢→内山→小木曽→中西)
M06「マジスカロックンロール」(12人 - 前田敦、大島、小嶋、篠田、高橋、秋元、板野、小野、柏木、渡辺、松井珠、松井玲)
M07「マジジョテッペンブルース」(上記12人+指原、高城、仁藤、北原、小森、河西、倉持、宮崎、多田、奥、なちゅ、宮澤)

2日目昼の私の席の近くには小学生ぐらいの女の子が多くて、野菜シスターズの登場にすでに興奮してました。ちっちゃい子はこういうのに弱いのか!? M3のあとのMCで「SKE48の登場です」のあとにちょっと落胆の感情の声を聞き逃さなかった。まだまだだな、SKE。

アンダーガールズBの「羽豆岬」はSKE48公式チャンネルでもアンダーガールズAよりも視聴回数が多く、本サイト経由のAmazon購入数もダブルスコアほどBが多く、SKE48ファンに支持されているので、この日の昼公演はSKE48ファンにとっては「当たり」だったかも。

MCもSKE48劇場でやってるのと同じようなぐだぐだ感がファンには楽しめたと思うけど、AKB48ファンに楽しんでもらえたかはちょっとわからないです。

★怒涛のユニットシャッフル感想


手加減せずに書いてしまいます。ファンの方ごめんなさい。あくまで個人的感想なので大目にみてやってください。

M08「夜風の仕業」(前田敦子)
チームBで柏木由紀がソロで歌っている曲。ゲネ以来聞いてないので、比較もできず、良いとも悪いとも書けません。

M09「てもでもの涙」(大島優子、板野友美)
新チームKの2トップとも言うべき優子とともちんの異色の組み合わせがかなり楽しめました。

M10「I'm sure」(小嶋陽菜、篠田麻里子)
横アリで見せてくれた「誘惑のガーター」と違い、かなりお粗末な出来。同じ手法は通用しないのか、横アリは優子に引っ張られて良く見えていたのだろうか。もしくは、せり上がった舞台で高所恐怖症(?)のこじはるが実力を出せなかったのか、スケジュールが取れなくて曲の世界観を出すところまでいかなかったのか……いろいろ理由はあるだろうけど、一度しか見ない客からすればそんなのは理由にはならないと思う。

私は、これならSDN48の二期生の奈津子・亜希子のほうがまだよっぽどマシだ、と思ったのですが、夜、知り合いと飲んだときに、奈津子・亜希子の「I'm sure」は初日にやっただけで、2期生公演ではこの曲だけは1期メンがわざわざ来て演じていると聞き、その交代されられたものよりひどいってのはどうなんだろうと言葉を失ってしまいました。

私からすれば本気度が足りないだけの話だけど、シャッフルやるからにはオリジナルとは違う味を出したり、本家を抜く勢いを出してこそ楽しめるのに、物足りない感じがして残念。

M11「君はペガサス」(松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美、大矢真那)
SKEファンは絶対これは見たかったはず。
見ておいて良かった!って感じ。
特に真那!
珠理玲奈久美よりも光ってた!
赤の衣装が映えてるし、動きもピシっとしてる。オリジナルの世界観を理解したうえで踊ってるように見えた。

真那と比べるとほかの3人は「振り付け」を踊っているだけにしか見えないほど、真那はすごかった!

M12「禁じられた2人」(高城亜樹、指原梨乃)
さっしーがピンク。シャッフルという意味でこの組み合わせは大変おもしろいけど、さっしーがなんか貧弱だし、あきちゃもたくましさがないので、ふにゃってした感じは否めない。

M13「7時12分の初恋」(前田亜美、多田愛佳、小森美果、島崎遥香、山内鈴蘭)
M14「渚のCHERRY」(市川、加藤、金澤、小林)

シャッフルの一環としてはありだと思いました。
研究生の波状攻撃のひとつ。
研究生ヲタにとっては楽しめたに違いないです。
私は正直10期生のことはよくわかっていないので、ちゃんとした評価をここでは残せなくてすみません。

M15「エンドロール」(高橋みなみ、宮澤佐江、北原里英、秋元才加)
本来ならこの組み合わせだったら目玉となるべきシャッフルだったのに……このメンツならもっともっといいパフォーマンスができるのに……なんだこの不完全燃焼感は!

オリジナルメンバーを常に見てきたはずの才加、佐江が特に表現できてない感じがして残念でならない。私からすればダンスが完全じゃない。たかみなは合格点を出せるけど、ほかの3人はもっとやれるでしょう。

ポテンシャルが高い分、期待以下になると私のようなうるさいファンに叩かれたりして気の毒な気もしますが、それだけ期待されているということで。

「SKE48伝説、始まる」で見せてくれた珠理奈、桑原、矢神、木下の「エンドロール」に完敗してたというのが私の感想です。

M16「虫のバラード」(柏木由紀)
気持ち良さそうに歌ってましたね。才加にも歌わせたかったなぁ。

M17「FIRST LOVE」(渡辺麻友)
まゆゆファンには失礼な言い方になってしまうと思うのであらかじめ謝っておきますが、あくまで私の個人的な感想なので気を悪くされないでください。

えれぴょんのソロと、まゆゆのソロ、それぞれの「FIRST LOVE」を比較したとき、えれぴょんはもしかしたら「AKB48の」という冠がなくてもいい線いくかもしれないと思う反面、まゆゆの「FIRST LOVE」は「AKB48」という「魔法の靴」をはいているから成立するソロなんだなぁと見てて思いました。

だからまゆゆにソロはまだ無理だし、「AKB48」という冠(あるいは魔法の靴)を取り上げてしまうのは今はまったく難しいなと。「渡り廊下走り隊」のまゆゆで本当に幸せな状態をキープしているんじゃないかと思いました。

こう思った矢先の夜公演のえれぴょんの発表だけに、本当はもっと早くブログに残しておけば良かったのに、それは後の祭り。

M18「鏡の中のジャンヌ・ダルク」(河西智美、倉持明日香、佐藤亜美菜、峯岸みなみ、仲川遥香)
シャッフルとしては楽しめましたが、特に感想はありません。

★「心の羽根」はあとからじわっと


M19「心の羽根」(チームドラゴンfrom AKB48)

この曲、何度も聞いているうちにはまりました。AKB48としてのシングルではない分、少し遊びや余裕が感じられてメロディのラインもきれいだし、無理やり作った感がなくていいです。歌詞も力が入った感じでもなく、自然に受け入れられる感じがとてもいいです。

M20「孤独なランナー」(SDN48)
M21「夢の鐘」(新チームK)
M22「勇気のハンマー」(新チームB)
M23「Only today」(新チームA)

Aだけナツメロみたい(苦笑)。さっしーも大家も昨日よりはなじんできている感じ。
MCで篠田が得意のムチャ振りのネタ振りを大家にしてくれたおかげで、新チームAの距離感がぐっと縮まったように見せてくれたのは良かったように思う。
MCの感じを見てるとだいぶみんななじんできているので心配なさそう。

M24「会いたかった」(AKB48 22人+SKE48 22人)
M25「君のことが好きだから」(16人)
M26「大声ダイヤモンド」(16人 - 高橋みなみ、前田敦子、小嶋陽菜、篠田麻里子、板野友美、峯岸みなみ、秋元才加、大島優子、宮澤佐江、河西智美、小野恵令奈、柏木由紀、渡辺麻友、北原里英、宮崎美穂、近野莉菜)
M27「言い訳Maybe」(21人 M26から近野out 倉持、亜美菜、高城、多田、松井珠、松井玲in)
M28「10年桜」(50人 - AKB48の48人、珠理奈・玲奈)
M29「RIVER」(48人)
M30「ポニーテールとシュシュ」(AKB48、研究生、SKE48の23人)

ポニシュはメインステージに向かって左手張り出し、センター、右手張り出しにチームごとに分かれて歌います。

1日目は左A、中K、右B、2日目昼は左K、中B、右A、2日目夜は左B、中A、右K。

1階席の最前に座っていた卒業生の駒谷仁美をステージからすぐに見つけて指を差す小嶋陽菜。ちゃんと見つけるんだ、えらいなぁ。

★アンコールと発表事項


E01「君と虹と太陽と」(48人)
E02「引っ越しました」(48人)
E03「ひこうき雲」(AKB48+研究生+SKE48+SDN48)

・10月27日発売予定の18thシングルのカップリング曲を、「チームピグ」が歌います。その曲名とユニット名候補を10組発表し、アメーバピグ内の「チームピグ指名戦」として投票により決定。
http://pigg.ameba.jp/
7月23日から29日までアメーバピグ内で「アメ」を一番多く獲得したユニットがカップリングを歌うそうです。(篠田と小野は非エントリー)

発表事項が多くてあわただしいです。会場の雰囲気は1日目と比べるとだいぶ暖まってる感はありました。AKB48やSKE48の劇場公演を何度も何度も何度も見たことのある人は結構楽しめる内容だったと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 04:54│コメント(13)AKB48 | SKE48

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2010年07月19日 07:57
編集長の思った事を素直に書いてくれた方が価値があります。オタクは客観性が異常に欠如してるので、自分の推しが褒められるか批判されるかでピリピリしてるだけ。
2. Posted by 774   2010年07月19日 08:08
まゆゆソロの感想は「まゆゆファンには失礼な言い方」と前置きしながらそれでもまだ相当オブラートに包んで書いてると思うのは自分だけでしょうかw
3. Posted by お寿司   2010年07月19日 09:57
5 確かにエンドロールの不完全燃焼感は否めませんでした
期待度が高すぎたのかな…
4. Posted by kampfer   2010年07月19日 14:48
君はペガサス観たかったです。・゚・(ノ∀`)・゚・。
SKEの中でもダンスに拘りを持っている桑原さん
も代々木のステージで踊る大矢さんを観て自身
のブログの中で
「姿勢が良くて手先までとても綺麗に踊る、
 みぃ(みずき)は持ってないダンスとても惹かれました」
と感想を漏らしていましたね。
あとエンドロールという曲も演じる側からする
と難しい曲なんでしょうね。
振り付けの先生だっかな?AKB、SKE合わせても
合格点を出せるのは木下だけみたいな辛口な事
をおっしゃっていましたね。
5. Posted by AKB48ヲタ   2010年07月19日 19:15
5 編集長のそのまま感じた事を書く姿勢が私はすきです。
周りに何を言われてもAKB48、SKE48そのままの姿を書いていただきたい。
編集長のようなブログを今ではあまり見つけられないので、
毎回編集長の感想を楽しみにしています。
6. Posted by tak   2010年07月19日 19:50
レポup感謝です
まず、「あくまで私の感想です」を言わなければいけない事に同情します。
やっぱり仕方ないんでしょうか。

「羽豆岬」はもう、個人的に「やっときた!ジャストミーート!」って感じなんですw

小嶋、篠田ですが
プロの本番の舞台に立つ以上「こなす」ではなく「表現する」域に達さないといけないのでしょう。
「エンドロール」と「君はペガサス」も表現力がオリメンに比べると・・・・って感じです。(オリメン強し)
でも、珠理玲奈の後ろから真那が際立って。
嬉しい事です。


「7時12分〜」や「渚の〜」でしたね。「ガラスの〜」がなくてちょっこし残念でした←

まゆゆの件ですが、あんなものでしょう。
逆に本家を越えなくてよかったです。越えたらえれぴょんの立場がって話ですよw
7. Posted by モナ   2010年07月19日 21:11
5 真那オタなので君はペガサスはかなり高まりました!

まゆゆのは見ながらえれぴょんの方がいいなぁって思いながら見てました。
8. Posted by Nナインまさひと   2010年07月20日 18:42
個人的にゎ、あっちゃんがソロで歌っているのを見て、ビックリしました。f^_^;
あっちゃん、ソロで歌うのは初めてですよね?

シャッフルは、意外な発見もありますけど、新チームのユニットが浸透するまで、しばらくは自重して欲しいです。

9. Posted by たか   2010年07月20日 19:15
エンドロールは期待値が高過ぎたんじゃないかな
実際に踊ってる優子はあの4人ならやってくれるって言ってましたし、結果的にMVPを貰ったんだからよかったんじゃないですか。
10. Posted by ねるねるねるね   2010年07月20日 23:43
やはり編集長の視点は、なかなか興味深いですね!
いつも読んでますが、古参ならではの観点なんでしょうか?参考になります。
個人的には、これからも遠慮せず、タイトル通り「ズバッと斬り込んでみたり」して、どんどん思った感想を聞きたいですね。
11. Posted by AKB男   2010年07月20日 23:59
2 もはややっつけ。私は今回のコンサートも全日程参加しましたが、どんどん質がおちているきがしました。


昔ほど、コンサート練習にスケジュールをさけないのが現状でしょうね。


ジャンケン選抜までは話題づくりとして良いでしょう。しかし、秋元さんは根本的ところを忘れてしまったのか……。
我々がAKBをおす理由として楽曲という比重は大きかった。
「ヘビーローテーション」にノースリーブスの新曲にフレンチキスともはや三流作品の連発。

1人で作詞を担当するのも限界では!?


軽蔑や大声やリバーといった名曲はもはやうまれないのか……。

12. Posted by へほ   2010年07月22日 01:31
すべて見た自分から言わせると、編集長の意見はかなり見当違いなmのが多いのではないかと^^;
どれがどうとはいませんが
やっぱり編集長はAKBよりもSKEという色眼鏡で見てるのですかね
13. Posted by ファイナルアンサー   2010年07月26日 00:22
4 若輩者ながら失礼します。
編集長の文章いつも拝見させていただいてます!!

みんな人間なんだからそれぞれ違う考えを持ち、違う事を言うのは当然のこと…
批判が無くなればそこで終わりなんです

批判は始まりなのです

今のAKBはそういう意味では批判され、成長している部分も否めないでしょうね

PS.別に推しというわけではないのですが、敦子嬢はやはり声がかなり特徴的であり、魅力的だと改めて思いました

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索