2010年05月21日

AKB48チームB 5th『シアターの女神』公演曲名と第一印象

2010年5月21日より始まったAKB48チームB 5th Stage『シアターの女神』公演曲名です。

B5thセットリスト

詳細はオフィシャルの発表をお待ちください。

以下第一印象(ネタバレあり注意)。

M0は「前座ガールズ」のソロ。初日ゲネでは島田晴香。
M05 渡辺、佐藤す、奥
M06 小森、鈴木、宮崎、佐藤夏
M07 増田、河西、佐藤亜
M08 北原、石田、近野、小林、平嶋
M09 柏木

アイドルソングが圧倒的に多いです。B3rdの印象にちょっと似てるかも。

あくまで第一印象ですし、すぐに私の懸念は吹き飛ぶ可能性が多いです。
横浜アリーナ1日目とは少し違った印象を受けました。

・旧チームKからの移籍組は大体において持ち味を発揮していたように感じた。チームKはチームの結束力が高いだけでなく、個を殺さず依存もせずにチーム力を上げていったんだと思います。A移籍組も安心できそうです。

・旧チームAからの移籍組
北原……横浜アリーナで見たときのような精彩はなかった。いまいち目立てていない。
佐藤亜美菜……伸び伸びとしてる。活き活きとしてる。チーム最年長になったことで卑屈にもならず甘えることもせず、本来の亜美菜らしさ(が何なのかは人によって解釈が違うと思うけど)が出てきているような気がする。
宮崎……ダンスは一生懸命やるし、トークも必死。最初の研究生公演のときのみゃおを見ているようですごく好感が持てた。やっぱこういう態度を見せてくれるとシアター好きな古参はみゃおのことを好きになると思う。

・旧チームB
柏木……当然といえば当然ですが、きちんとやれてます。旧チームB時よりもしっかりした、というか大人になりました。
渡辺……まゆゆは正直あまり変化なし。悪くはなってないが、さほど良い方向に変化しているわけでもなさそう。
平嶋……なっちゃんはちょっと心配。チームB立ち上げ時には欠かすことのできない存在だったんだけど、新チームBでなっちゃんが果たすべき役割はそんなにあるわけじゃないかもしれない。むしろ、なっちゃん自身が自分のことだけ考えていいんだと思う。今こそそれをやらないと正直やばいんじゃないかと思いました。

・旧研究生
おおむね自分らしさを出しているようにも見えましたが、小森・石田の2人は研究生当時に持っていた「何かやらかすかも」みたいな期待にまだ応えられてないような気がします。ただ、トークの話題にこもりんはよく出てきたので、そのうちこもりんは変わってくると思いますけど。

旧チームKメンバーの個々のコメントがあまり載せられなかったけど、チームK時代に見せてくれた力は出してくれてます。今日見た感じではマイナスになったメンバーはいなかったように思います。

写真を撮りながら聞いてたので曲の印象はまた別の機会にでも。

抽選に当たって見られた日に「シアターの女神」の歌詞の意味を実感できるかどうか、みなさんの目でお確かめください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 21:01│コメント(1)AKB48 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サバラ   2010年05月21日 23:16
旧チームBはオタク色を打ち出し、オタクに媚びる事で人気を得ていた。新チームBでは、きちっとパフォーマンスでも魅せられるチームになってほしい。その為に旧Kメンを多く入れたのだろうし、指原をAに移動させたのだろう。新チームBがこれから、どんなチームカラーになっていくか楽しみだ。

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索