2010年01月05日

新年のご挨拶(2010年)

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

2009年はスクランブルエッグ的にはAKB48、SKE48で埋め尽くされた感がある1年でした。

アイドル総合サイトとしましては、本来ならば総合的にいろいろなアイドルを扱いたい側面と、注目度の高さからAKB48・SKE48の取材記事を優先せざるを得ない側面を両立させることにかなり苦労しましたが、個人的にはどちらも満足できなかったと多少反省しております。

AKB・SKEオンリーの方からは「いっそのことAKB、SKE専用サイトにすれば」というリクエストもありますし、AKB・SKEにさほど興味のない方には「AKB・SKEばっかりでつまらなくなった」と言われ、いったいどうバランスを取っていいのか本当に苦労する1年でした。

私もできることならいろんなニーズにできるだけ応えたいと思いつつも、対応の限界というものがありますので、どうしてもどっちつかずになります。

とはいえ、たぶんAKB・SKEを優先した感はあります。

その理由はというと、

1. コンテンツ(劇場公演の内容)が面白いから
2. 初日から見ているメディアとしての自負と責任と多少のプライド

によると思います。

AKB48がブレイクするにあたってWebというメディア(携帯も含む)の役割は欠かせなかったと思います。スクランブルエッグがその一助となっていれば幸いですが、はたしてどのくらい力になれたのか……もっと力になれたかもしれませんが、たぶん最終的にはもっと大きなメディア(雑誌、テレビ、新聞)がAKB48のブレイクの手助けをしたに違いありません。

2010年も両立を試みながら「アイドル総合サイト」としての役割を果たしていきたいと考えています。

さて、年末年始は実家がある名古屋で過ごしてきたわけですが、SKE48の元旦公演の内容はまた別エントリーで触れるとして、昨年(2009年)のAKB、SKEの劇場公演を見た回数を不正確ながら調べてみました。

A:2回
K:3回
B:3回
研:3回
S:5回
KII:3回
SDN:1回

数字は不正確かもしれませんが、チームSが一番多いことだけは確かな事実です(笑)。

ついでにSKE48取材のために名古屋に出張した回数を調べてみたら、なんと12回になっていました。1ヵ月に1回の割合で行っているという事実を見ると、もうほとんどヲタレベルです(苦笑)。

SKE48のことは最近エントリーによく書くので、私のSKE好きはお分かりかと思いますが、だからといって別にAKB48がどうでもよくなったわけでもなく、たぶん2009年は以前よりも好きになっている気さえしています。

そのあたりをAKBファンの方には理解してもらえず、AKBの良くない点ばかりを挙げているかのように受け止められるきらいがありますが、私がSKEに関するエントリーを書いているときに比較対象としてAKBを挙げる一番の理由は、AKBにもっともっと頑張ってほしいというエールのつもりで書いていることがほとんどです。

AKBにできてSKEにできないことが減っているのに、SKEで当たり前のようにできててAKBにできていないことがあると、AKBにもっと奮起してほしいと思って、苦言めいたことを書いているつもりですが、たぶんなかなかそれは読み手には伝わっていないようです。

それは私の文章力のなさに起因するものがほとんどですが、AKB運営、AKBメンバー、AKBファンがSKE48を見て比較することがそんなに簡単ではないからだと思います。

今となっては「AKBとSKEは別物」という考え方が次第に定着しようとしていますが、「AKB48のためにSKE48を観てほしい」と思ってブログを書いている人は実はものすごく少ないかもしれません。

チームAに対するチームK、ひまわり組に対するチームBのような姉妹関係が、AKB48に対するSKE48にも成立しているはずです。ファンの方はどう思っているかは知らないですが、少なくとも表向きは姉妹グループとして共存していかなければならないものだと私は思っています。

・姉は妹をかわいがっている
・妹は姉を慕っている
・姉のファンは妹をあまりちゃんと見たことがなく、妹を多少うざいと思っている
・妹のファンは姉のことはわりとよく知っているが、姉のことはそんなに気にしていない
・姉の育ての親は妹のことは気にしていないが、妹の育ての親は姉のことは気にしている

私が見るところ、今のAKBとSKEの関係はそんな感じかなぁ、と。

実際のところ、姉のファンと妹のファンは仲良くしなきゃいけないかどうかはわからないですが、産みの親としては仲良くしてほしいんじゃないかと思いますし、姉妹で競い合うことでそれぞれを高めあっていってほしいんじゃないかなと思います。

私の立場は、この愛すべき姉妹の遠い親戚として、親には見えづらい部分をああだこうだ話題を提供したり、情報を共有するための現状を知らせる役割なのかなと思っています。

遠い親戚として、この姉妹のこと、これからもよろしくお願いしますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 01:05│コメント(1)雑談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by JJ   2010年01月06日 00:52
僕はアイドルには全く興味がなかったのですが
SKEを見てその凄さにビックリしました。

AKB、SKEをあまり知らない僕にはこの編集長さんのブログはすごく興味深いものばかりでいつも楽しく読ませて頂いてもらっています

ただ、AKBについては今度、秋葉原の劇場で自分の目で確かめたいと思っています。

これからもブログの更新を楽しみにしています。

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索