2009年09月03日

制作環境の変化、閲覧環境の変化

長年サイト制作用に使っていた21インチのCRT(ブラウン管)のディスプレイが壊れました。

サブで使っていた19インチの液晶ディスプレイをメインに変えると、思ったとおり色味がCRTとは違うし、文字のドットの表現方法も微妙に違います。

今となってはブラウン管のディスプレイを新規で買う人もいないでしょうから、これからは嫌でも液晶が主流になってきます。

そして、これから売られていくディスプレイは4:3のディスプレイではなく16:9のワイド型だろうし、画面解像度もフルハイビジョン対応の1920px×1080pxが主流となっていくでしょう。

サブ用のディスプレイをメインに持ってきて使い倒してもいいんですが、それが壊れたときにすぐに手元にスペアがないと仕事にならないので、思いきって23インチワイドの液晶ディスプレイを買うことにしました。

昔は21インチのCRTディスプレイは10万近くしたものです。5年ぐらい前に買った19インチディスプレイも5〜6万して安いほうだと思ってたら、今の時代は23インチワイドでも2万を切っていて技術の進歩の速さをこんなところで感じるのですね。

で壊れた日の夜に注文して、翌日には発送、翌々日の午前にはもう到着です。おかげで今日1日、ディスプレイの接続や画面の設定で半日使ってしまいました。

で、以前作った記事の画像や、撮った写真を新ディスプレイで見ると色がどぎつくてしょうがない。「みんなこんな風に見てたの?」って思うほど。言ってみればMacで調整したものをWindowsで見て「なんでこんなに暗くて濃いの?」といった雰囲気といったらわかっていただけるでしょうか。

一応ICCプロファイルを作成したり簡単なカラーマネージメントはしていますが、これからどういう環境で作って、どういう環境を閲覧者の大多数と想定して見てもらうかについてはもうちょっと試行錯誤しながらやっていきます。

ですので、画像の色味や明るさ、濃淡が今後1〜2週間は若干揺れますのでご了承ください。お気づきの点がありましたらこのブログのコメントか編集部にメールをください。

ディスプレイを替えたついでにIE8にしました。まだうちのサイトのユーザはIE7のほうが多いですが、IE8で見ると互換表示モード(IE7のレンダリング)では問題ないですが、標準準拠表示モード(IE8レンダリング)では若干気になるところがあることを知っているので、今のうちに少しずつ対応していこうかと考えております。

さて、最後に2009年8月のサイト訪問者(このブログは除きます)のブラウザ、画面解像度のトップ5を載せておきます。

【ブラウザベスト5】
IE7.0 IE全部で82%
IE6.0
IE8.0
Firefox3.5 Firefox全部で9.7%
Firefox3.0
以下Safari、Opera、Chromeと続きます。DoCoMo携帯は0.6%です。

【OS ベスト5】
Windows 93%
Macintosh 4.21%
iPhone、iPod 0.83%
PS3、PSP 0.5%
Linux 0.18%

【画面解像度ベスト5】
1024×768 31.8%
1280×800 22.7%
1280×1024 15.8%
1680×1050 5.8%
1440×900 5.7%

 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 04:14│コメント(1)Web制作 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 愛国民   2009年09月10日 07:26
Firefox3.5を使っていますが、全く
気がつきませんでした。
IE8だとレイアウトがやや変わりますね。

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索