2007年11月26日

11月末の雑談

たまにはテーマを作らずにだらだらと書いてみます。それがブログのいいところということでお許しください。

★AKB48が紅白出場?


土曜か日曜に知り合いの取材カメラマンに「AKB48が中川翔子とリア・ディゾンと一緒に“アキバ枠”で紅白に出るらしい」とニュースが出る直前あたりに聞きました。それにコメントを求められても何と言えばいいのかわかりませんが(笑)、もし本当ならとりあえずおめでたいと言っていいのではないかと思います。話題が少ないご時世なので。まだ正式な発表が出てないのでなんとも。

日曜に栃木佳(とちき・けい)ちゃんという子を取材しました。写真はイベント終了後に撮ったものです。
栃木佳
名前は「栃木」ですが栃木出身ではないそうです。

彼女の体育系な性格というか、さばさばしたキャラクターがすごく好きになってしまい、また取材をしたいとは思っていますが、撮ってるときに気づいたんですが、秋元才加さんに似てるようなぁって漠然と思いました。

取材の最後に「AKB48の秋元才加(さやか)ちゃんに似てるって言われない?」と聞いてみたら、それが誰のことかはわからなかったものの、なんと、彼女の中学校の同級生がAKB48の研究生でいるとか。聞いたことのある名前だったので「頑張ってますよ」と言ったら、「そうか、頑張ってるんだ」とちょっとばかり盛り上がりました。

チームBの「会いたかった」公演を見ましたが、その感想を結局書かずじまいになっちゃうのかな。また機会をあらためて書ければと思います。
激写 栃木圭

★「スクランブルエッグ」の検索結果(by Google)


11月27日より、Googleで「スクランブルエッグ」で検索した結果がついに1位から落ちてしまいました。食べものの「スクランブルエッグ」に関するものが1位になったので、ある意味、正しい結果とも言えるのですが、落ちたその日はちょっとショックですね。

なぜなら、ふつうに順位が落ちたのではなく、またなんらかのペナルティ的な落ち方をしてるみたいで、どうも解せない動きなんです。だって、ふつうに落ちたら、トップページがサイト内ではいちばん上の順位に表示されるはずなのに、コラムのページが来てるってことは……。

今回はあまり動きません。あることを考えていますが、それもしません。しばらくじっとしています。最近、リピーターが増えてきて、検索エンジンからのリーチよりもお気に入りやRSSから来てくださる方がとても多いので、アクセスが減ってこないんで。

★編集長ブログをチェックするアイドル


さっき取材したアイドルが、私が編集長とは知らず、「編集長のブログはおもしろいですね」とのたまいました(笑)。

何が面白いんだろうと聞いたら、「すごいこと書いてますね」と言われ、たぶん七海ななのDVDの感想のことを言いたげで(笑)。その彼女は16歳なので、あんまりそういう話を読ませたくないのですが、結局読んでしまったようです(苦笑)。

前もアイドルに「ブログ読んでます」と言われたことはあったんですが、久々にそんなことを言われて、どう言っていいかわかんなくなってしまいました。どう感じたかを詳しく聞いてみたかった気もしますが、年頃の女の子だし、こっちもあんまり下ネタ得意じゃないので、あんまり深入りしませんでした。

「ブログはどのぐらいのタイミングで更新するんですか?」

と聞かれたので、「気まぐれで。なんかストレスがたまったときに書くことが多いんだよ」って答えました。

今日はストレスたまってるかって?

そうなんですよ。それは次のブロックで。

40Dで撮った画像に心霊!?


さっき取材で撮ってるときに、突然もやっとしたぞうきんで拭いたゴミみたいなヨゴレが画像中にあるらしきことが判明。レンズ抜いてないし、突然起きました。

形は三日月みたいで、だいたい同じ場所なんですが、必ず同じ場所というわけでなく、ちょっとずれたりもします。なんだこれ? 中央じゃないんで、あとから修正可能なので気にしてませんが、30Dが戻ってきたらもう入院となりそうです。

ノイズ画像
左側に三日月型のもやっとしたのが見えるでしょ? ダストデリートしても消えないし、サービスセンター行けばすぐに取り除いてくれるとは思うけど、こんなに早く心霊(苦笑)が出てきちゃ困るんですけどね。まだ使ってから3000カットしか撮ってないのに。

でもこれでひとつ分かったんですが、40Dの液晶、意外とピントの山がつかみやすいし、光源の様子がわかりやすいのかもしれないなって。フォーカシングスクリーンがいいのかもしれないです。

「ちりとてちん」の貫地谷しほり


NHK朝ドラ「ちりとてちん」ですが、主役の貫地谷しほりが若いころの斉藤由貴と重なって見えて仕方ありません。顔が似てるのかなぁ。

和田喜代美(貫地谷しほり)の着る服がなんとも田舎くさくって、懐かしいんですよ。それが斉藤由貴の昔やってた何かの役と重なって見えてしまいます。コメディタッチのダメキャラもバッチリ合ってるし。

ドラマとしては重い部分がいっぱいあって、せっかくの渡瀬恒彦や和久井映見の名演が薄れてしまいそうですが、妄想シーンはいいです。半年前にテレ朝で放送した「めぞん一刻」もこの妄想シーンを見習ってほしいものです。

ということで雑談終了。仕事に戻ります。この2週間ぐらい忙しすぎてサイトの更新が遅れがちですみませぬ。
 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted at 23:15│コメント(1)雑談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ピーナッツ   2009年07月26日 00:08
貫地谷しほり…。僕は「ちりとて…」じゃなく、これをオススメします。
WOWOWドラマ「クリスマスの贈り物」(こんなカンジのタイトル)/共演:舘ひろし,石倉三郎,他
これは、作品として面白いし、貫地谷しほりさんの演技も素晴らしい。これが、一番!

この記事にコメントする
(※スパム防止のため管理人の確認後に反映されます)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
記事検索